Top Page
トップページ
Map
地図
Recommendation Bottle
今月のおすすめ
Malt Whisky List
モルト ウィスキーリスト
What's New
ニューボトル
Link
リンク
Connoisseures Club Introduction
コニサーズクラブ紹介
Connoisseures Club Report
コニサーズクラブレポート
Connoisseures Club Report Log
コニサーズクラブレポート 過去ログ
第221回Connoisseures Club
お題 「グレントファース」
開催日 2017年5月28日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドグレントファース199620年51.9%シグナトリー
2スペイサイドグレントファース199617年57.1%360°
3スペイサイドグレントファース20097年62.1%デュワーラトレー
4スペイサイドグレントファース 25年53.3%ケイデンヘッズ
5スペイサイドグレントファース199519年58.3%G & M
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「グレントファース」 である。

  今月も初登場の蒸留所である、モルト自体珍しいことで話題になるが、読み方が難しいことでも話題性がある。こちらでは、土屋守氏の読み方に倣い、グレントファースと記していく。

  さて、稀有なモルトなので、過去のテイスティングノートをめくってみても、GMの1979-1998、SMWS 63.15の2本しかテイスティング・メモは残っていない。
メモをみれば、それ程、特徴的なモルトでないことが見て取れる。そんなところがマイナーな蒸留所たる所以であろうか。

  さて今回も無駄な解説はこのくらいにして、さっそく5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]シグナトリー・グレントファース バーボンバレル cask no.1405 185/220
1996-2016 20年 51.9%
【 香り 】
程よい酸味とフルーティなトップノート。甘さは少なく、わずかにエステリー。
香りの立ちが遅いが、時間をおいても強く香る事は無い。

【  味  】
ドライで辛い、単純な味わい。加水でフルーツは増えてくる。
[ NO.2 ] イーパワー・oda nobunaga グレントファース 1stシェリーバット cask no.5072/5073
1996-2014 17年 52.1%
【 香り 】
素晴らしいフルーツが立つ、柔らかいエステル香。程よい酸味が心地よい。しだいにまったりとした熟成感が香るようになる、バラのような高貴な香りも。
香りで堪能できる種類のモルト。

【  味  】
素晴らしくフルーティ、ややにがみを感じる。加水すればさらにフルーツの数は増える。味の数はたいへん多い。
[ NO.3 ] デュワラトレー グレントファース バーボンホッグスヘッド 2009-2016 7年 62.1%
【 香り 】
フルーティでありながら、熟成由来のウッディな香りが素晴らしい。やや酸化した香りも感じる。
しだいに爽やかな香りも立ち、熟成とフレッシュの両立を楽しめる。奥にはタクアンの臭みを感じることも、しかしすぐに消えてしまう程、弱いものだ。キャラメル香も見え隠れする。

【  味  】
エステリーな味わい、アルコール度数を感じる。加水で旨みが感じられるようになる。わずかにこげたゴムの個性も。
[ NO.4 ]ケイデンヘッド グレントファース 25年 53.3%
【 香り 】
トップノートはエステリー。しだいにシェリーの個性が立つが、良い意味でのシェリーである、臭み成分は一切無い。
しだいにバニラの甘い香りが強くなり、エステリー感も強くなる。

【  味  】
味わいもエステリーで、酸味を伴なう。ややにがみを感じるが長熟由来かもしれない。加水でフルーティさは増長される、たいへん味の数が多い。
[ NO.5 ] GM グレントファース シェリーバット cask no.5073 1995-2014 58.3%
【 香り 】
香水のかおり、ローズ系のものだ。そんな素晴らしい香りに魅せられていると、しだいにタクアンの香りが立つ。
旨みを感じさせる香りも。アルコールが強い。

【  味  】
湿気た含み香、こげたゴム、シェリー樽の個性だ。酸味が爽やかさの助けとなっている。
加水でウッディかつエレガントな熟成香が現れる。
>> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2000-2017  Stand Bar All rights reserved.