Top Page
トップページ
Map
地図
Recommendation Bottle
今月のおすすめ
Malt Whisky List
モルト ウィスキーリスト
What's New
ニューボトル
Link
リンク
Connoisseures Club Introduction
コニサーズクラブ紹介
Connoisseures Club Report
コニサーズクラブレポート
Connoisseures Club Report Log
コニサーズクラブレポート 過去ログ
第236回Connoisseures Club
お題 「リトルミル」
開催日 2018年9月2日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1ローランドリトルミル199116年50.0%ダグラスレイン
2ローランドリトルミル199022年51.8%スリーリバース
3ローランドリトルミル199220年54.9%キンコー
4ローランドリトルミル198921年47.1%ウィスキーエージェンシー
5ローランドリトルミル199020年53.6%スリーリバース
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「リトルミル」 である。

  ブラインドテイスティングの面白さを改めて実感した会であった。と言うのも、モルトの会では毎回ちょっとした余興が実施されるのだが、今回はサーブされた5本の(もちろん5本とも同じ蒸留所)地区を当てるという趣向だ。

  五択問題なのだが、なんと正解者は15人中たった2人で、正解率は1/5に満たないのである。ローランドのリトルミルなのだが、一番回答の多かったのがスペイサイド、次にハイランドであった。

  それなりの熟成を経た5本なので、ちまたで言われている、濡れたダンボールを感じる若いモルトは無かったが、蒸留所どころか地区さえも特定できないのである。

  さてローランドの個性とは何んなのであろうか、改めてブラインドテイスティングの奥深さ感じた一夜であった。

  さて今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]オールドモルトカスク リトルミル リフィルホッグスヘッド Ref3840 1/332
1991-2007 16年 50%
【 香り 】
トップノートはエレガントなフルーツ。たいへん鮮やかな香り。かすかにミントも。

【  味  】
味わいもやはり鮮やかなフルーツだ。ライトなボディで酸味を伴なう。埃っぽく感じる時も。
[ NO.2 ] ザ・ウイスキーエイジェンシー リトルミル バーボンホッグスヘッド
1990-2013 22年 51.8%
【 香り 】
まったりと香るが、たいへんエレガント。しだいにキャラメルやバニラの香りが出てくる。わずかにエステリー。

【  味  】
トースティな味わい、アルコール感は強い。わずかに麦芽風味。
[ NO.3 ] ザ・ウイスキーエイジェンシー リトルミル リフィルバット cask no.36 16/150
1992-2012 20年 54.9%
【 香り 】
トップノートはミントにハッカ。ドライではあるがフルーティに香る時も。しだいにバニラやキャラメルも感じられるようになる。
注意深くすれば樽由来のウッディな香りも。

【  味  】
口に含めば、まず若いと感じる。モルティでドライ。味の数も少ない。
[ NO.4 ]ザ・ウイスキーエイジェンシー/スリーリバース リトルミル シェリー 1/264
1989-2011 21年 47.1%
【 香り 】
シェリー樽とバーボン樽、両方の個性が香る。わずかにエステリー。注意深くすればトースティな香りも。

【  味  】
たいへんフルーティだが、ウッディな樽の個性も味わえる、深みのある味わい。わずかに麦芽風味。
[ NO.5 ] ザ・ウイスキーエイジェンシー リトルミル シェリーバット 1/399
1990-2010 20年 53.6%
【 香り 】
赤ワイン樽を思わせる香り、エステリーでトースティ。深い香りだが、香りの数は多く無い。

【  味  】
エステリーかつトーステイな印象は変わらない。さらにフルーティで樽由来のウッディな含み香り。香りとはうって変わって、複雑な味わいだ。
>> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2000-2018  Stand Bar All rights reserved.