Top Page
トップページ
Map
地図
Recommendation Bottle
今月のおすすめ
Malt Whisky List
モルト ウィスキーリスト
What's New
ニューボトル
Link
リンク
Connoisseures Club Introduction
コニサーズクラブ紹介
Connoisseures Club Report
コニサーズクラブレポート
Connoisseures Club Report Log
コニサーズクラブレポート 過去ログ
第239回Connoisseures Club
お題 「アードベック」
開催日 2018年11月25日
参加者 13名
1 3 2 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1アイラアードベック199111年57.4%ケイデンヘッズ
2アイラアードベック199311年57.5%エイカーダイク
3アイラアードベック199016年58.6%M & H
4アイラアードベック  58.9%オフィシャル
5アイラアードベック No.33.13420078年60.9%ソサエティ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「アードベッグ」 である。

  アードベッグといえば、アイラモルトの中でもピートを強く炊いていることで有名な蒸留所だ。
  そんな前知識もブラインドテイスティングをすれば、まったく役にも立たなくなる。意外にもフルーティな香りが強く立ち、ピートは遅れてやってくるのだ。 さすがに口に含んでみればアイラモルトであることは疑いようが無いが、アードベッグを特定するのは難しいことであった。

  さて、さっそく今回の5本を紹介することにしよう。
[ NO.1 ]ケイデンヘッド アードベッグ バーボンホッグスヘッド 1993-2005 11年 57.4%
【 香り 】
極めて鮮やかな香り、エステリーでエレガントなフルーツが立つ。しばらくするとピート香が強くなってくる、キャラメル風味も。

【  味  】
南国系のフルーツを感じた後、すぐさま中程度のピートが広がる。
[ NO.2 ] アールダイク アードベッグ 1993-2004 57.5%
【 香り 】
たいへんエレガントな香り、甘いフルーツが立ってくる。しばらくするとピートが香るようになる。

【  味  】
濃いフルーツ、程よい甘さ。追って中程度のピートが広がる、ややドライと感じる時もある。
[ NO.3 ] スリーリバース テイストスティルセレクション アードベッグ cask no.2900 1/271
1990-2006 58.6%
【 香り 】
エレガントでエステリー、たいへん高貴な香り。香りの数は多い。わずかなピート香。

【  味  】
エレガントな南国フルーツの含み香。すぐさまピートが広がる、強いフルーツは一瞬ピートをもマスキングするようだ。
[ NO.4 ]オフィシャル・スーパーノバ アードベッグ 58.9%
【 香り 】
高貴なフルーツ香が立つ、エステリーで甘い。しばらくグラスを回していると、焦がした砂糖の香りも。キャラメルとバニラの香りはバーボン樽由来か。

【  味  】
極めてフルーティ、しかしピートも強い。程よく酸味がバランスする。若さを感じる時もある、わずかなシェリー樽の味わい。
[ NO.5 ] SMWS 33.134 アードベッグ EX-シェリーバット 8年 60.9%
【 香り 】
トースティなトップノート。わずかにイオウの香りも、シェリー樽熟成と思われる。

【  味  】
トースティな印象は変わらない、程よい酸味を伴なう。すぐにピートが広がる。
>> Top
コニサーズクラブ過去ログ
Copyright © 2000-2019  Stand Bar All rights reserved.