Top Page
トップページ
Map
地図
Recommendation Bottle
今月のおすすめ
Malt Whisky List
モルト ウィスキーリスト
What's New
ニューボトル
Link
リンク
Connoisseures Club Introduction
コニサーズクラブ紹介
Connoisseures Club Report
コニサーズクラブレポート
Connoisseures Club Report Log
コニサーズクラブレポート 過去ログ
第121回Connoisseures Club
お題 「50度未満のカスク」
開催日 2009年1月25日
参加者 13名
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1スペイサイドピティバイク197926年45.9%ダンカンテイラー
2スペイサイドダラスデュー197546.5%モダンマスターズ
3スペイサイドダラスデュー197530年46.9%シグナトリー
4ローランドリンリスゴー197529年48.7%シグナトリー
5スペイサイドグレンクレイグ No.104.7197432年49.4%ソサエティ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「低アルコール度数の長期熟成の50%UNDER」である。
  以前のテーマで「アルコール度数が高いと美味いか」の逆で「アルコール度数が低くても美味いか」をテーマとしている。
  結論からいえば、度数が低くても美味いが、やはり香りの立ちが遅かったり、軽いイメージがあるのは隠せない。どこか枯れた印象を持ってしまうのである。
  もちろん、25〜30年熟成のモルトなので美味くないわけがないが、驚くような個性もないことは確かである。
  さて、そんなモルト5本を紹介しよう
[ NO.1 ] ダンカンテイラー ピティーバイク オーク
1979-2005 cask.no5632 084/256 26年 45.9%
【 香り 】
軽くエステリー。軽いピートを感じる、いがいがとした香り。北ハイランド系の香り、それも枯れたものである。
しだいに酸味やエレガントな香りが立ってくる。

【  味  】
高価なフルーツの饗宴。次から次へと、さまざまなフルーツがでてくる。
[ NO.2 ] モダンマスターズ ダラスデュー 1975 46.5%
【 香り 】
軽くエステリー、エレガントでスイート。極めて上質のフルーツ香。

【  味  】
あっさりとしたフルーツ、やや枯れた味わい。砂糖水のように感じるときもある。
[ NO.3 ] シグナトリー ダラスデュー シェリー
1975-2006 cask no.1493 142/184 30年 46.9%
【 香り 】
トップノートはエステリー。ややひねた香りを感じる時もある。軽いピート香。上品でバランスした個性、しだいに甘さとバニラ香を感じるようになる。

【  味  】
枯れた、絶妙のピート。わずかだが熟成由来のウッディーな含み香。じっくりと呑み直してみたい酒である。
[ NO.4 ] シグナトリー リンリスゴー
1975−2005 cask no.96/3/38 152/343 29年 48.7%
【 香り 】
ややひねたトップノート。しばらくすると枯れた熟成香が立ってくる。さらに時間を経ればトロピカルフルーツが現れる。香りの数が多く、長い時間楽しんでいられる。

【  味  】
わずかなピート。ドライで甘さが非常に少ない。
[ NO.5 ] SMWS 104.7 グレンクレイグ 1974-2006 32年 49.4%
【 香り 】
青空のように澄んで爽やかな香りだ。みずみずしいフルーツ香。

【  味  】
ライチの含み香。さらにトロピカルフルーツがたくさん現れる。熟成感も十分でウッディーな味わいが素晴らしい。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第122回Connoisseures Club
お題 「ノースポート」
開催日 2009年2月22日
参加者 13名
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1ハイランドノースポート198024年58.0%スペイサイド ディスティラー
2ハイランドノースポート198124年58.0%ダンカンテイラー
3ハイランドノースポート197629年58.2%シグナトリー
4ハイランドノースポート197625年58.6%マキロップスチョイス
5ハイランドノースポート197920年61.2%レアモルトシリーズ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「ノースポート」である。
  東ハイランドの蒸留所のひとつであり、もちろん閉鎖蒸留所である。東ハイランドのモルトといえば、これといった特徴がなくハウススタイルも曖昧な印象が拭えず、そのためか閉鎖されている蒸留所も少なくない。
  ノースポートもそんな無個性の蒸留所のひとつと考えていた。今回テイスティングをして、印象をくつがえすようなことはなかったが、モルトの出来は悪くない。 いやむしろ通好みの渋いモルトといってよい。こんなモルトが出来るのであるから、取り壊されたのは残念でならない。
  さて、そんなモルト5本を紹介しよう
[ NO.1 ] スコッツ セレクション ノースポート 1980-2004 58%
【 香り 】
ドライでシャープ、香りの立ちが遅い。香りがひらいてくるとフルーツが多数あらわれる。軽いピートが感じられるがすぐに消えてしまう。
しばらくすると酸味と甘みが広がるようになる。

【  味  】
フルーティーかつ熟成を感じるあじわい。ウッディで軽い酸味をともなう。味の数は少なくはないが、どれも弱いものだ。
[ NO.2 ] ダンカンテイラー ノースポート オーク 1981-2005 cask no.774 188/620 24年 58%
【 香り 】
ややひねたトップノート。すぐにエレガントに変身する、繊細な香りだ。しだいに軽くはあるがトロピカルフルーツの香りが立ってくる。
さらに時間をおけば、軽いキャラメル香とジンジャエールの香りがあらわれる。

【  味  】
ややアルコール感が強い。フルーティーかつ熟成由来のウッディーな含み香が素晴らしい。
[ NO.3 ] シグナトリー ノースポート 1976-2006 cask no.3886 157/222 29年 58.2%
【 香り 】
エレガントでさわやか。上品な熟成感、ただし軽いものである。酸味と甘い香りがバランスしている。奥には上質な木の香りも感じられる。

【  味  】
まず、ひねた香りを感じるが、すぐに爽やかなフルーツにかき消される。ライチの香りが特徴的だ。さらに熟成由来のウッディーな味わいが広がる。
[ NO.4 ] マキロップチョイス ノースポート 1976-2001 58.6%
【 香り 】
弱いトロピカルフルーツのトップノート。フルーツは上質で、いつまでも香りで楽しんでいられる。

【  味  】
酸味と軽いにがみ。1960年代後半に蒸留されたモルトによくある苦味だ。しだいに熟成感が現れ深みが増すが、フルーツ感も悪くない。
[ NO.5 ] レアモルト ノースポート 1979 bottle no.0986 20年 61.2%
【 香り 】
まず熟成感を感じる。その後、酸味を伴ったさまざまなフルーツが現れる。時間がたてば、それはさらにトロピカルなものに変わってくる。

【  味  】
熟成由来の苦味を感じる。フルーティーではあるが渋い熟成感も素晴らしい。じっくり味わえば味の数は多いと感じるだろう。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第123回Connoisseures Club
お題 「スキャパ」
開催日 2009年3月22日
参加者 13名
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1オークニースキャパ198918年54.2%スコットモルト販売
2オークニースキャパ198915年54.4%マキロップスチョイス
3オークニースキャパ197728年59.4%ダンカンテイラー
4オークニースキャパ198915年60.0%エイカーダイク
5オークニースキャパ198222年57.9%チーフテンズ
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「スキャパ」である。
  オークニー島の蒸留所といえばハイランドパークがあまりにも有名であるが、それに隠れてもう一箇所スキャパ蒸留所がある。
スパイシーかつドライな印象のモルトと記憶していたが、今回の5本もそんな印象であった。
  特に特徴という特徴がないモルトではあったが、出来自体は悪くない。
  さて、そんなモルト5本を紹介しよう
[ NO.1 ] スコッチモルトセールス スキャパ 1989 18年 54.2%
【 香り 】
トップノートはエレガントでドライ。すぐさまフルーティーな香りが立ってくる、爽やかなフルーツだ。軽くミントも香る。
しだいに香りはまったりとして濃厚に変化してくる。熟成由来のキャラメル香が素晴らしい。

【  味  】
まずウッディな熟成感が広がる。ドライではあるがじっくりと向き合ってほしいモルトだ、時間とともに味の数が増えてくるのだから。
[ NO.2 ] マキロップチョイス スキャパ 1989-2204 bottle no.199 54.4%
【 香り 】
ややくさみのあるトップノート、しかしそれはすぐに消えていく。しだいにベリー系のフルーツが香り、さらにババナの香りも。その香りは時間とともに濃く甘く変化していく。

【  味  】
ややアルコール感が強い、ドライ。にがみやピリピリ感があるが、邪魔になるほどでもない。
[ NO.3 ] ダンカンテイラー スキャパ オーク 1977-2006 cask no.2832 95/186 28年 59.4%
【 香り 】
トップノートは灰臭い香り。ドライで水っぽい、しだいに酸味とともに繊細で上品に変化していく。わずかにアルコール感がある。

【  味  】
ドライではあるがフルーティー。甘いふくみ香もある。やや味の数が少ない。
[ NO.4 ] アーカダイグ スキャパ 1989-2004 60%
【 香り 】
軽い香り、わずかに臭みがある。しだいに酸味とともに、まったりとふくよかな香りとなる。

【  味  】
花のようなふくみ香。ドライでややアルコール感が強い。やや硬く、あと少しの熟成が必要。
[ NO.5 ] チーフテインズ スキャパ シェリーカスク 1982-2005 cask no.550 22年 57.9%
【 香り 】
こってりとした印象。シェリー樽由来の香り、硫黄の香りがあるが嫌味にならないぎりぎりのものだ。しだいに甘みと酸味が強くなる。
シェリー樽熟成の良い面、悪い面の同居した香りである。

【  味  】
ピリピリとスパイシーな個性。味にシェリーの嫌味は無い、リフィルシェリー樽熟成か。香りに較べると味の数は少ない。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第124回Connoisseures Club
お題 「カリラ」
開催日 2009年4月26日
参加者 13名
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1アイラカリラ8年59.8%オフィシャル
2アイラカリラ198127年53.8%ダンカンテイラー
3アイラカリラ198324年54.3%
4アイラカリラ197925年58.4%シグナトリー
5アイラカリラ197423年60.0%キングスバリー
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「カリラ」である。
  カリラ、いわずと知れたアイラモルトのビッグネームだ。会においても何度となく登場している蒸留所である。
  今回は長熟でピートは弱くなるかがテーマであったが、半分正解で半分不正解といったところか。
香りのメモをみるとピートの文字は一回しか出てこない、がしかし味には明らかにピートの文字が個性として記されている。
ピートを焚いたモルトでも熟成を経れば、ピート一色といった個性では無く、樽香、フルーティーさ、エレガントな香りな複雑さがあらわれ、味わい深いモルトに仕上がることを再認識した。
  さて、そんなモルト5本を紹介しよう
[ NO.1 ] オフィシャルボトル アンピーテッド カリラ 8年 59.8%
【 香り 】
トップノートはフルーティー、ミントの香りも。香りの立ちは遅い。しだいにいがいがした香りが出てくる。軽い酸味とハーブ、奥には甘い香りも。

【  味  】
軽いピート。うまみ成分を感じる。熟成由来の苦味を感じる時もある。
[ NO.2 ] ダンカンテイラー カリラ 1981-2008 cask no.2932 420/502 27年 53.8%
【 香り 】
フルーティーで色彩感豊かな香り、酸味が心地よい。しだいにバニラ香が強くなる。非常にエレガントな印象。

【  味  】
味もエレガントである。ピートは強く感じるが、酸味と甘みがあり味わい深い。ピートは強いが、ピートだけに支配されないモルトといえよう。
[ NO.3 ] ブラッドノック蒸留所 会員限定ボトル カリラ ホッグスヘッド 1983-2008
bottle no.4809 149/253 24年 54.3%
【 香り 】
トップノートは軽くヌカの香り、次にピートを感じる。すぐにヌカは消え去り、ミント系の上品な香りに変化してくる。

【  味  】
中程度のピート、極めてシャープなピートだ。ピートだけの個性ではなく、フルーティーな味わいも素晴らしい。
[ NO.4 ] シグナトリー カリラ ホッグスヘッド cask no.04/795 93/243 1979-2005 25年 58.4%
【 香り 】
軽いヌカの香り。まったりと濃い香りで深みを感じる。やや重い印象ではある。

【  味  】
中程度のピート。ピリピリと刺す、アルコール感が強い。
[ NO.5 ] キングスバリー カリラ バーボンカスク cask no. 12618 1974-1998 23年 60%
【 香り 】
ヌカっぽいトップノート。しだいにフルーツ香が強くなり、トロピカルフルーツがたくさん現れる。

【  味  】
味はピートが支配する。心地よい酸味がバランスしている。ややピリピリ感があり若さと感じるときがある。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
第125回Connoisseures Club
お題 「ロイヤル ロッホナガー」
開催日 2009年5月24日
参加者 13名
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
No地区蒸留所ビンテージ年数度数備考
1ハイランドロイヤル ロッホナガー196931年53.6%ソサエティ
2ハイランドロイヤル ロッホナガー197430年56.2%レアモルトシリーズ
3ハイランドロイヤル ロッホナガー198622年56.4%ダンカンテイラー
4ハイランドロイヤル ロッホナガー199116年58.3%シグナトリー
5ハイランドロイヤル ロッホナガー197728年58.5%ブラッカダー
テイスティングノート
山崎 白秋記
  今月のお題は、「ロイヤルロッホナガー」である。
  マイナーな蒸留所というわけではないが、オフィシャルボトルとレアモルトシリーズ以外お目にかかったことが無く、ある意味マイナーなモルトといえよう。
  もちろん、ハウススタイルなど頭の中に出来上がっているはずもなく、蒸留所を絞り込んでいっても名前を出すことは出来なかった。
  今回あらためてテイスティングして、樽由来の深い香りのモルトが多く、まだまだ素晴らしいモルトがセラーには寝かされているだろうと推測できる。もっと多種のモルトをリリースしてもらいたいものだ。
  さて、そんなモルト5本を紹介しよう
[ NO.1 ] SMWS 103.7 ロイヤルロッホナガー 1969-2001 31年 53.6%
【 香り 】
きわめてエステリー、有機溶剤の香り。フルーティー、しかも濃い、ミントの香りも感じられ重たくならない。しだいに素晴らしくエレガントになる。

【  味  】
口に含むとウッディな味わいが広がる。樽の香りが素晴らしい。ややドライに感じる時もある。しばらくすればバニラも味わうことができる。
[ NO.2 ] ディアジオ レアモルト ロイヤルロッホナガー 1974 bottle no.2636 30年 56.2%
【 香り 】
トップノートはエステリー、ややヌカっぽいところもある。わずかに荒さとアルコール感がある。
しだいに熟成香が開いてくる、黒糖のような深い香りを伴って。

【  味  】
以外にドライである。フルーツの味わい。見え隠れするウッディな味わいが心地よい。
[ NO.3 ] ダンカンテイラー ピアレス ロイヤルロッホナガー オーク 1986-2009 cask no.942 100/116 22年 56.4%
【 香り 】
ツンとシャープな香り。次にミント系の香りが立ってくる。やや穀物っぽい香りがする時がある。
時間とともにエレガントに変わり、奥には古い樽の香りが感じられるようになる、もちろん良い意味でのものだ。

【  味  】
古い樽香が素晴らしい。シャープでドライ、アルコール感がやや強い。軽くピートが感じられる。加水でフルーティーに変わってくる。
[ NO.4 ] シグナトリー ロイヤルロッホナガー リフィルシェリー cask no.427 20/640
1991-2007 16年 58.3%
【 香り 】
香りの立ちが遅い。ややヌカの香りがする。砂糖水の香り、やや薄っぺらい印象。熟成が足りないことに由来する甘みが感じられる。

【  味  】
シャープでドライ。アルコール感が強く、やや熟成不足。
[ NO.5 ] ブラッカダー ローカスク ロイヤルロッホナガー 220/260 1977-2005 28年 58.5%
【 香り 】
エステリーでスウィート。たくさんのフルーツが現れる、ウッディーな樽香も素晴らしい。シェリー樽由来の香りも感じられる。

【  味  】
アルコール感が強い。フルーティー、さまざまなケーキの甘い含み香が現れるが、フィニッシュはドライで甘さを引きずらない。
しばらくすれば素晴らしい樽香が感じられるようになる。
>> コニサーズクラブ過去ログ >> Top
Copyright © 2000-2009  Stand Bar All rights reserved.